NEWS

【セミナーレポート】初見力 ~変革期を迎えた社会で生き抜くために!!~

2020年4月2日
トピックス

WORK STYLING様主催の「新規事業担当者同士で繋がろう!ミートアップイベント」において、当社の丹羽大規が「初見力」のセミナーを行いました。

■初見力とは?

「初見力」とは、これまでに経験したことのない初めての分野で成果を出すために必要な力です。
現在の日本社会では、終身雇用や年功序列の終焉、ジョブ型採用の開始など、急激な変革期を迎えています。また、そう遠くない未来に人が行っている仕事の多くはIT技術に置き換わると予想されており、1つの仕事を長く続けることが難しい状況に直面しつつあります。
そのような中で私たちが生きていくためには、私たち自身が変化に適応し、新しいことに挑戦していく必要があります。「初見力」はその挑戦を助けてくれる強い味方です。

■初見力の本質とそれを支えるポイント

初見力の本質は、初めてのことに挑戦するときに「計画を立てる力」と「不安を払しょくする力」です。

初めてのことに挑戦する際、その結果の成否は事前に立てた計画により左右されます。挑戦を成功に導くための計画を立てるには下記3つのポイントを抑える必要があります。

・抽象化:これまでに経験したことの中から初めて挑戦することとの共通点を見つけ出し応用すること
・構造化:アイディアをカテゴリー分けすること
・知恵の共有:他者の力を借りること

また、人は環境の変化に直面すると、その防衛本能により不安に駆られます。その不安が新しいことへ挑戦することを躊躇させ、また、挑戦者を萎縮させてしまう原因となります。それでは不安を払しょくするためには何をすればよいのでしょうか。それは、下記3つを意識する事です。

・正解は存在しない
・失敗だと感じても成功するまで取り組めば成功である
・失敗は成功の元である

本セミナーでは、初見力及びそれに必要なポイントや考え方について、ワーキングを通じて実体験していただきました。

■ワーキングの様子

ワーキングでは、参加者の皆様が経験したことのない、また、綿密な計画が必要である「エベレスト登頂の成功させるためにはどうしたらよいか?」を課題として、以下の流れで初めての挑戦を体験していただきました。

①個人ワーク: エベレストの登頂を成功させるためのアイディアを抽出
②グループワーク:個人ワークのアイディアを元に共有し合い計画表を作成
③報告会

受講者の皆様が新規事業担当者であったこともあり、計画表にまとめていただく過程では、カテゴリー分けや登頂の成功の定義について活発な議論が展開されました。また、意見を出す際に不安を感じていらっしゃる方は少なかった印象です。

本セミナーが、参加者の皆様の新しい挑戦を後押しし、成果を出すためのきっかけになれば幸いです。

弊社では「初見力」に限らず、ビジネスの基礎力に関する講義を様々な企業様で展開させていただいております。親会社のコンサルティングのナレッジやスキルをベースとして「誰でも理解できる・業務に活かすことができる」をテーマに研修プログラムを構成し実施しております。ご興味をお持ちいただきました方は是非お気軽にお問い合わせください。

お仕事をお探しの方個人の方
転職の
ご相談
LINEで相談
人材をお探しの方法人の方
人材紹介の
ご相談
お急ぎの方はお電話からお問い合わせください
平日9:00 - 18:00まで03-6823-5270